益田早織 メゾ・ソプラノ
 
埼玉県久喜市出身。
埼玉県立大宮光陵高校音楽科、
東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。
大学在学中にフィレンツェ、ウィーンへの短期留学を経て、卒業後イタリア、オーストリア、ドイツを中心に研鑽を積む。

ソリストとしてヴィヴァルディ作曲グローリア、ベートーヴェン作曲交響曲第9番、ヘンデル作曲メサイア、
オペラではこれまでに文京区オペラで「カルメン」のアンダースタディ、びわ湖ホールオペラへの招待「ヘンゼルとグレーテル」ゲルトルート役でオペラデビューし、「ディドとエネアス」魔法使い役、「ドン・ジョヴァンニ」ドンナ・エルヴィーラ役を演じる。

全日本学生コンクール高校生の部東京大会入選、第61回ARDミュンヘン国際音楽コンクール本選出場、第5回東京国際声楽コンクール新進声楽家部門第3位入賞、第34回ハンスガボアベルヴェデーレ国際声楽コンクール日本代表メンバーとしてアムステルダム本選に出場、第12回ルーマニア国際音楽コンクール 声楽部門第2位入賞、群馬オペラアカデミー農楽塾第5期生、オーディションに合格し平成29年4月より滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールにて、
びわ湖ホール声楽アンサンブルメンバーとして活動している。
これまでに富永順子、青木美稚子、葉玉洋子、M.ベンヴェヌーティ、K.A.プフェッファー、R.D.ヴェルナーに師事。